医療

会社での取り組み

悩み

従業員をメンタルをサポートしてくれるEAPは、精神疾患を引き起こさないように防いでくれます。このような取り組みを行なうことで、専門家に相談することができ自分が負担する費用も掛かりません。

もっと読む

まずは自覚を促すこと

睡眠

現代はストレス社会とも呼ばれています。精神的な負荷が多く、心を病んでしまう人も少なくありません。誰かに頼ることができれば違った未来を構築できるのでしょうが、人間関係が希薄になってしまいがちなことも現代社会が抱える闇と言えるでしょう。職場ではハラスメントが問題となっており、セクハラやパワハラで精神的にボロボロになってしまう人が続出しています。自分にも被害が来るのでは、と口を閉ざして見て見ぬふりをする人もゼロではないでしょう。そんな劣悪な環境を愚痴として家族や友人に吐き出すことができれば良いのですが、多くの人が自分の中に溜め込んでしまうのです。吐き出すときにはもう心が辟易して人間関係に疲れてしまっている、という人も少なくはないのです。ストレスは身体にも害を及ぼしてしまいます。そのため、いかにストレスを溜め込まないようにするのかが大切となってきます。近年では、会社がストレスチェックなどを実施して、社員の心の健康状態を調べる取り組みも始まっています。うつ病を発症してしまう可能性もあるストレスは、依存症という困難な精神疾患も生み出してしまう可能性が高いのです。

依存症の患者は多く、予備軍を入れると把握しきれない数になってしまいます。アルコールや煙草、薬物など、摂取することで精神の安定を図ろうとするものもあれば、買い物やギャンブル、暴力などの行動そのものに依存してしまうもの、特定の人間に依存してしまうものもあります。これら依存症は心の弱さが原因ではありません。周囲の期待に応えようと自分の心の悲鳴を後回しにしてしまうような真面目で誠実な人に多いのです。蓄積したストレスの発散場所としてアルコールや煙草に徐々に依存してしまったり、暴力に走ってしまうのです。依存症は根っこの深い精神疾患と言えるでしょう。しかし、時間は掛かってしまいますが、治療をすることで症状を改善することができます。家族や友人、パートナーの支えが必要になるため、まずは一緒にカウンセリングを受けてみることが治療への第一歩となります。

カウンセリングの歴史

カウンセリング

現在うつ病を発症する人も増えてきており、問題になってきています。カウンセリングは治療に有効な方法の一つです。カウンセリングは病院や施設で行われていることが多く、民間のサービスだと有料になることが多いです。

もっと読む

サービスを利用する

男性

精神疾患を発症してしまった際には、一人で解決することは難しいです。うつ病は原因を見つけなければ、なかなか治療することができません。しかし、カウンセリングサービスを利用することで、原因を解明することができるでしょう。

もっと読む