医療

カウンセリングの歴史

カウンセリングに関する料金体系について探る

カウンセリング

働く職場では、うつ病などを発症する人も多くなっており、企業における対策についても問題になる事があります。企業が行う対策の一つには、保健衛生室等において、カウンセリングを実施している事があります。この様な場面では、特に費用などが発生する事なく、カウンセリングを利用する事もできますが、その後に病院での通院が必要になる場合もありますので、病院での治療費用は別料金になります。 カウンセリングについては、様々な施設などで実施される事があります。この様な場合には、特に費用も掛からない事が多い傾向が見られます。民間において実施しているサービスについては、50分から1時間位のカウンセリングで、大体ですが5,000円から10,000円位の料金設定になっています。これに出張希望があれば、交通費などが別途必要になります。

日本における現在に至るまでの歩みを見ておく

日本でもカウンセリングサービスが利用される事が多くなっていますが、その歩みとしては、古い時代から存在していたと見られます。特に宗教儀礼などが行われていた古代については、カウンセリング、あるいはカウンセラーという言葉がなかったとしても、病気であったり、国の情勢に関する問題を儀式によって解決しようとしていた時代もあります。日本においても、平安時代には陰陽師などが存在していたとされていますので、広義の意味では古い歴史を辿っていると見る事ができます。 現在の様なスクールカウンセリング、心理カウンセリングが始まったのは、1900年代初頭とされています。アメリカで確立されていきましたが、日本には、戦後昭和20年代に学校現場において初めてのステップが踏まれています。以後は、バブル崩壊など社会情勢が悪くなると、人々の精神的な問題も大きくなる傾向があり、現在ではカウンセリング作業が様々な現場で実施されるに至っています。