医療

会社での取り組み

EAPを導入することによるメリット

悩み

EAPとは従業員支援プログラムの略称であり、従業員をメンタル面からサポートする取り組みです。職場での人間関係などからのストレスにより、うつ病などの精神疾患を発症してしまう恐れがあります。それを回避するために、EAPが企業や団体などに導入されています。EAPを導入することにより、従業員側も会社側にもメリットが得られます。従業員にとってのメリットとしては、外部機関がサポートを行うので、会社に個人的な情報を知られること無く、専門家に相談をすることができます。費用については、会社側が福利厚生サービスとして提供するので掛かりません。会社側のメリットとしては、従業員に相談窓口を提供できることにより、従業員の生産性の維持や向上、低下の防止などを期待できます。また、これによりメンタルヘルス対策を推進することもできるでしょう。

健康な心を持って働く

EAPが主に取り組んでいるサービスは、個別で実施するカウンセリングや、ストレスチェックの実施、組織診断などがあります。これを定期的に行うことにより、従業員の心の負担を軽減してくれます。また、従業員の心身の不調の早期発見にも繋がります。そして、相談の内容によっては医療機関や専門機関へと紹介をしてくれます。従業員に向けた研修や啓発活動、セミナーなども行ってくれるので、スキルやコミュニケーション能力を高めることも期待できます。それらが従業員の心を安定させ、働くことへのモチベーションを上げることができます。このような取り組みをすることにより、社会で働く人たちの大きな心の支えとなり、より良い社会に発展して行くことでしょう。